<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

春を喜ぶ


        よく晴れた土曜、世田谷文学館の門にかかる桜が綺麗だった。
f0085219_1922220.jpg


        祖母のホームの向かいにあるグラウンドの桜も満開。
f0085219_18365682.jpg

 



何年か前の夏。
和菓子の好きな祖母の為に、葛でできた涼しげ色の菓子を買った。
たまには一人で訪ねて行って、祖母を驚かせよう、そんなことを考えていた。

f0085219_193947.jpg


祖母が入ってから、一体何度、夏が訪れたのだろう・・・。
自分の家では暮らせない体になってしまい、納得の上入所、
それでも暫くは、年に何度かは実家に外泊に帰ってきていた。

ある時、自分に向かって威嚇するネコに向かって
「さようなら、もう来ないから、元気でね」
そういった祖母。
「もう来ない」この言葉の奥に込められた思いを考えると、とても辛かった。

f0085219_1932723.jpg


祖母の入っているホームは、閑静な住宅街の真ん中にある。
清潔なこの建物の4階に祖母の部屋がある。
エレベーターが止まり、開いた扉の向こうに車椅子の祖母がいた。
「あ、おばあさん!」
その声を遮るように、祖母が言った。
「どちら様でしたかしら?」

あり得なかった。
私のおばあさんなのに、全くの他人行儀なその言葉。
「あなたの娘の、〇〇の娘の、△△です。」
車椅子を押すホームの人に気の毒そうに見つめられながら、
何と答えていいか分からない私は、平静を装い、それだけをやっと返した。

週に一回は来ている母のことは、間違いなくわかるのだ。
母の名を聞いた祖母は大きくうなずき、さらに驚く言葉を。
「あぁ、どおりでお見かけしたことのあるお顔だと思いました、そうですか。
私はね、この年でしょ。沢山病気をして、病気のデパートと言われているのですよ。
これからね、カフェテラスでアイスクリームを食べるの。美味しいんですよ。」
「他人」と認識された私に、親しげに話しかけてくる。
もう、これ以上いられなかった。
カフェテラスで席に着いた祖母に土産の菓子を渡し、
逃げるように帰った。
「あらまぁ、すみませんねぇ。ご丁寧に、どうも御馳走さまでございます。」
祖母の声が、胸に刺さった・・・。

実家に行き、母にその話を伝えた。
そんな馬鹿な、と笑って取り合ってくれない。
たまたま遊びに来ていた弟は、「お姉さん、化粧が濃すぎたんじゃないの!?」
バカヤロウ、すっぴんに近いわい!

f0085219_1935017.jpg


後日、弟夫婦が訪ねたとき。
お嫁さんのことはあやふやだったが、弟のことは間違いなく覚えていたらしい。
私はそれ以来、足を運ばなくなった。



f0085219_19371643.jpg




いろいろあって、祖母を訪ねようと思った。
最近では、祖母は母と話していながら、他人と勘違いする時があるらしい。
叔母のことも、分からなくなっていることが多いらしい。
一人では無理だから、母と一緒に行った。


介護士さんの数が足りず、同じフロアの起き上がることのできる人は
みな、車椅子でラウンジに集められている毎日のようだ。
可哀想な祖母も、その中の一人だった。
一日中車椅子なんて、疲れないわけがないよなぁ・・・。

前日夜中、呼んでも介護士さんが来ないので一人でトイレに立とうとして転び、
後頭部を縫うけがをしたらしい。
幸い大事には至らなかったが、実はこれで3回目・・・。


母の持って行った柏餅を、美味しそうに食べる祖母。
小さく刻まないと怖いので、母が細かく切る。
ゆっくりだが、まるまる一つ食べてしまった。
耳がかなり遠いが、会話はちゃんと成立する。

この日、何度説明しても、祖母は私を「弟の孫」だと思ってしまう。
「まぁ、□□の孫なの!ずいぶん大きいわねぇ~。」
えと、私は□□の姉なんですけれど・・・。
ま、いっか。


         誰かがマニキュアを塗ってくれたらしい
f0085219_19142831.jpg




天気が良かったので、外へ花見に行くことにした。
ホームの近くには学校があり、桜もきれいに満開。

         行きは下りだから母が押し、帰りは私が。
f0085219_19162590.jpg


冬の寒い間は、まず、外など出られない。
やっと外に出て、春の花たちや桜を眺め、祖母は嬉しそうに声を上げた。
女が長生きの家系、曾祖母は105まで生き、娘の祖母はこの五月で98歳になる。
97だと思っていたよ・・・。

         頭を縫ったところにはガーゼ
f0085219_19212889.jpg
         (本人は、もう覚えていない・・・)



祖母は、何かをしてもらうと、いちいちお礼を言う。
ひざかけを直してあげると「ありがとう。」
写真を撮ってあげると「ありがとう。」
そして施設の職員の人を見かけると、必ず「御苦労さま」。
何度も繰り返される「どうもありがとう」と「御苦労さま」。
そんなに気を使わなくたって・・・(涙)


生きること。
祖母のこと、母のこと、私のこと・・・。
忘れられてしまってはいても、訪ねて良かったと思いながら
本当に色々なことを考えてしまった。



介護。
これから一体、私たちはどうなるのだろう・・・。

むかしのむかしのそのまたむかし
[PR]
by taco-poo | 2008-03-30 19:46 | ハルノコト | Comments(12)

もう一つの春ツアー


桜といえばこちら、小石川植物園だって、負けてません。
f0085219_23193541.jpg












f0085219_23195782.jpg

f0085219_23215378.jpg












f0085219_2323184.jpg

f0085219_23275529.jpg












【上】真ん中の白い花は伊豆吉野、一番下の可憐な花はチョウジザクラ。
チョウジザクラの幹は、実は直径一センチほど。本当に小さな花です。

植物学の教育・研究活動が目的だから、沢山の種類の桜があるのです。
f0085219_23304269.jpg



ゼンマイってば!「生きる」の叫びになんか感動・・・。
f0085219_23441146.jpg
















f0085219_234438100.jpg

f0085219_23445550.jpg
















山菜取りなんて行ったことないから・・・(汗)



ところで。
春って、なんで黄色い花が多いんでしょうね。
f0085219_23502740.jpg

          虫のため?!
f0085219_23504368.jpg
          変わったクモだなぁ。。。


ここからちょっと、黄色シリーズ行っちゃいます!
上から順に、ウンナンオウバイ、ハリエニシダ、ミツバウツギ、ミツマタ、
アオカズラ、
f0085219_2354384.jpg













f0085219_23542718.jpg

f0085219_23552324.jpg













f0085219_23572349.jpg

f0085219_23575794.jpg













まだまだ続きます、大きな木のシナミズキ、不思議な花(チェックし忘れ)、足元の花、
サンシュユ、チョウセンレンギョウ、シナレンギョウ、アブラチャン
f0085219_0244432.jpg
















f0085219_022173.jpg

f0085219_042049.jpg















f0085219_06178.jpg

f0085219_073340.jpg












f0085219_08099.jpg

f0085219_021068.jpg












アブラチャン、5ミリくらいの小さな花だから、
「何にも咲いていないぞ」って通り過ぎて行った熟年夫婦がいました。
おとーさん、咲いてるんですってば!!



日本タンポポが3輪、徐々に開いていくかのように並んでいました。
通りがかりのご婦人達に教わったのですが、ガクが反っているのが西洋タンポポ、
でも、ここは西洋タンポポはないのだそうです。
f0085219_0105389.jpg



















f0085219_0121353.jpg

f0085219_0123354.jpg

















水仙の花の開く向きは、つぼみの時の風向きで決まるのだそうです。
自然の力って、本当にすごい・・・。
f0085219_14316.jpg





フウの木から、柔らかそうな芽が出ていました。
f0085219_0155415.jpg

       通りがかりの60代と思しき夫婦の会話:
         妻「フウだって。面白い名前だね~。」
         夫「フゥ~ざけんなぁ~。」
         ヲイッ!!

       芽だと思って近づいたんだけど、もしかして、花?!
f0085219_0165112.jpg




ひっそりと咲いている花がありました。シダレカツラ。
f0085219_162345.jpg




去年、間違ってウグイスカズラと覚えていたけど、正しくはウグイスカグラ。
f0085219_17461.jpg




そしてこちらは一際大きな花、ハクモクレン。見惚れてしまいました。
f0085219_191029.jpg



コブシとハクモクレンが似ていると思ってしまうのは私だけ?!
f0085219_1104229.jpg




まだまだ紹介しきれない花がたくさんあります。
私にとってここは、本当に楽しくて、何時間もいてしまう場所です。
今年の花のシーズンは始まったばかり。
今後もまだまだ、通ってしまいそうです。
[PR]
by taco-poo | 2008-03-28 11:52 | ハルノコト | Comments(9)

春の六義園ツアー


毎日、花粉が鬱陶しい今日この頃ですが
花が咲き始めたこの時期は、春色が素敵でもあります。

今日は、爺やに手入れを頼んでいる、私の庭をご案内いたします♪
 

まずは、この門をくぐって頂きましょう。
ここから、池を配した素晴らしい庭園が広がります。
f0085219_18482554.jpg



池までの道には、奇麗に剪定された松やらサツキやら。
松も、近づいてみると違った表情です。
f0085219_18573528.jpg

f0085219_18543620.jpg



池に配置された石のほとんどに、カメが乗っかっていて、微笑ましい風景です。
あらら、奥のお茶席で、爺やが婆やとほっこりしてる。。。
f0085219_18545333.jpg



池の左手奥には茶室があり、小さな滝があります。
この水は、小さな川を通って池に流れ着きます。
もう少したつと、小さなおたまじゃくしがたくさん誕生します。
f0085219_1901383.jpg


池の裏にまわり、森のような奥へ進んでみましょう。
色々な木や花たちが、春の装いで挨拶をしてくれます。
f0085219_1915676.jpg













f0085219_1943582.jpg

f0085219_19111012.jpg













f0085219_1962097.jpg

f0085219_196419.jpg

















f0085219_1974257.jpg


f0085219_198289.jpg














池の反対側に回ると、可愛らしいキンクロハジロ、
そして、カバ乞い、鯉もいます。
f0085219_19161121.jpg












f0085219_19163255.jpg

f0085219_19165119.jpg














とても大きな木の、とても小さな新芽。
命の息吹を感じます。
f0085219_1920558.jpg


新旧交代、ひと月なんて本当にあっという間。
f0085219_19212255.jpg


確かこの橋の修理作業に従事してカメを拉致った人が・・・
f0085219_19221828.jpg



こんな柵のない「渡月橋」があったりするわけだから、
池の向こう側は、夜のライトアップの時には絶対に入れてもらえないのです。
f0085219_19245869.jpg


この木のお腹の中には、何か白く光る結晶のようなものがありました。
f0085219_19292628.jpg












f0085219_19295285.jpg

f0085219_19301063.jpg
                                           















                                  ねー、なんだろうねー? 

何か忘れちゃいないかって?
[PR]
by taco-poo | 2008-03-27 20:05 | ハルノコト | Comments(11)

メモリー


未練ではなく
家族の証として・・・。

f0085219_20575114.jpg







f0085219_2058711.jpg



他の子が怒るだろうな。
みんな今まで、ここまでしてないもんね。

でも、一人で頑張ったってことと
病気との闘いの三年半だったってことで
許してね・・・。
[PR]
by taco-poo | 2008-03-24 21:03 | カゾクノコト | Comments(22)

Yell


また、行きつけの店が無くなる。
実家に行けば、しょっちゅう足を運ぶ、大好きな店だった。

先月に行った時に、今月末の閉店を知らされた。
「修行に出ます」
マスターはそう言って笑った。

f0085219_1110732.jpg


北口サイドが華やかに開けているのとは反対に、
なぜか狭くて寂しい感じのする、この駅の南口サイド。
そこにあるこの店は、マスターの人柄と、何を食べても美味しいメニューが魅力だった。
アルバイトは雇わず、マスターと奥さん、そして小さな子供達二人でやっていた。

きっと、今後続けて行かれない事情があるんだろうね・・・。
私たちは、寂しがりながらいろいろな想像をした。

f0085219_11411360.jpg



「家族でスペインに移住します!」

改めて、閉店の理由を聞いて驚いた。
食材の宝庫のスペインで、日本の鉄板焼きを広めたいのだという。
そして、新しいアイディアが溢れてきて止まらないのだという。
もう、来月から住む家も決まっているのだというからさらに驚いた。
綺麗な奥さんも、サッカーをやっている15歳の息子も、その彼のカワイイ妹も、
みんなみんな大賛成、心から楽しみにしているのだという。

f0085219_1111051.jpg


きっかけは、この6月から三か月間、サラゴサで開催される万博だったそうだ。
万博会場の日本パビリオンに入るレストラン。
採算など合うわけもなく、大概が赤字出店なのだという。
「でも、やってみたい。」マスターのこの一言からとんとん拍子に事が運び、
なんと彼が選抜され、パビリオンのレストランシェフに採用されたというのだ。

f0085219_11125934.jpg


開店して26年。
土地柄、この店では、家族でプライベートを楽しむ芸能人とも良く会った。

長男が生まれた時、奥さんは背中におぶって仕事をしていた。
長女の時も、同じく背中に背負い、いつも通り明るい笑顔を振りまいていた。
やがて、お兄ちゃんが良く妹の面倒を見る姿が見られた。

子供達はいつも夕方以降を店で過ごし、店で宿題をし、そして、手伝うようになった。
友達と遊びたかったろうし、お手伝いなんて嫌だったろう。
でも、そんな子供達を見守るマスターと奥さんは、きっと素敵な親だったんだろう。
二人の子供達は、とても素直でお利口で、可愛らしく育っていた。

f0085219_1117254.jpg


この店が無くなると
私の両親が安心して外食できる美味しい店が無くなってしまう。
他にもいくらでも、食事のできる店はあるのだが
通い慣れた馴染みの店というものが無くなるのは、本当にさびしい。
しかも、こんな美味しいものが食べられなくなるなんて・・・。

f0085219_11192436.jpg
















f0085219_11194199.jpg

f0085219_11195515.jpg

















マスター一家が全員で楽しみにしている、バルセロナでの新しい生活。

「大丈夫、なんとかなるって!!」
マスターが悩んだ時、家族が背中を押してくれたのだという。
子供達は、インターナショナルスクールでの生活も楽しみなのだそうだ。
本当に、明るくて、仲が良くて、素敵な家族なのだ。
こちらも、まるで身内が活躍しているような、誇らしい気持ちになってくる。

もう、この店で美味しい料理を楽しむことが出来ないのは寂しいけれど
素敵な門出だもの、スペインで【オンリーワン】の日本の店になっておくれ!!





「人、モノ、店、そして家族・・・。こうやって、それぞれ、色々なお別れがあるんだね。」
ポツリと弟が言った。


f0085219_15252633.jpg



うん、本当だね。
でも、寂しいけれど、これはとても嬉しいお別れだよ。


頑張れ!!
[PR]
by taco-poo | 2008-03-21 19:26 | タベルコト | Comments(16)

周回遅れ!?


えと。
3月にはホワイトデーというものがありまして。



         だから
f0085219_17582134.jpg




うふふ。
どぉよ、ブルガリよ、ブルガリ♪
ペーパーバッグもかっちょいいよね~。
ブルガリ、もらっちゃったのよ~♡





         ロゴの下に、ん!?
f0085219_180139.jpg
       



         チョコでした~!
f0085219_1812321.jpg

今度はヒカリモンにしてね~♡
う、ウソですよ、ウソっヾ(`ロ´;)


ブルガリが、ヒカリモン以外の、しかも、チョコを作っていたとは
あたくし、全くチェック不足でしたがな。
さすが、オサレで高級チック、なんか勿体なくて、まだ食べてない(゚▽゚;)


あたくしが、2月に何を差し上げたかですって?
な~んも、でございますの、おほほ。←図々しい奴


やさしーSくん が、ギズモっちロスの私のことを
元気づけてくれるために、チョコくれて、遊んでくれたんです。
楽しかったよー、うれしかったよぉー、ありがとぉー・゚・(ノД`)・゚・





今回のギズモのことでは、
沢山の方からの、優しいお言葉やお花やその他の色々なこと、感謝を言葉にしきれません。
みんながギズモのことを、とっても愛して下さっていて、
いないことを寂しく思って下さっていたんだということを改めて感じ
悲しい出来事ではありましたが、ギズモも私も幸せだと心の底から思いました。


お世話になった獣医さんが言っていました。

ペットを亡くされた飼い主さんは、二度とこんな悲しい思いをしたくないから、
もう、次のペットは飼わないという方がいらっしゃいます。
でも、やっぱりもう一度ペットと暮らしたい、そう思われる方もいらっしゃいます。
どちらも、その通りなんだと思います。
でも、新しい子を迎えること、それはとても良いことだと思うのです。
なぜなら、亡くした子との暮らしが、とても楽しく素晴らしかったからこそ
もう一度、一緒に暮らしたいと思うのですから。
それは、亡くした子への、最高のありがとうになると思うのです。

私はその言葉を信じて、また、新しい子との出会いを待っています。
その子が、「ぶ」顔なのか「び」顔なのかは、まだまだわかりませんが・・・。


ギズモの病気について、ハッキリとは記事にしていませんでした。
魔の4日間を思い出すのは辛く、悔しさがこみあげてきてしまうから。
でも、やはり、私と同じようにギズモを可愛がって来て下さった方には、
そして、ネコと暮らして居られる方にも何かの参考になるかもしれないし
どんな病気がギズモを奪ってしまったのか、きちんと知っていただきたいと思うようになりました。


だから。
もう少ししたら、記事にしようと思います。





        サンシュユ、可愛く咲いていました
f0085219_18304679.jpg




        トサミズキもキレイ
f0085219_18312196.jpg




ちょっとずつ、すこしずつ、春です。
[PR]
by taco-poo | 2008-03-17 18:44 | シアワセナコト | Comments(25)

ぶさいく選手権だ!


しなぶぅさんとこで、始まりました。
いや、始まってました(^^;

【第6回 可愛い★ぶさいく顔選手権】

いろいろ考えたんだけど
たぶん、ギズモも参加したかっただろうから、ね。
笑い飛ばして元気になってみようってことで参加決定!!



てぇことで、
探しました、ぶちゃいくだった顔。

過去の記事を見ていたら、いろんな顔のギズモがいました。
みんなみんな、可愛かったよなぁ、ギズモ・・・。


        こんなハナターレ顔とか
f0085219_21512912.jpg


        考え込んでる風な顔とか
f0085219_2253410.jpg


   こんなカワユラシー瞳とか
f0085219_21522491.jpg


        バスケットに入ってみたりとか
f0085219_22122394.jpg



いろいろ見てると、やっぱ泣けてきちゃうんだけれど
今回は、楽しい選手権なんだから、
ギっちゃん、みんなに笑って楽しんでもらおうね♡



で。

今回の

参加写真は・・・。







   やっぱこれかな!
f0085219_21535233.jpg


おう、濡れたキミは、俊輔だったっけねぇ・・・・・。





はい、企画元はおなじみ
しなぶぅさん
こちらから、エントリーの皆さんのところに飛べますよん♪
今回は、みんなどんな表情なのかなぁ~(≧▽≦)




★ぶ★ぶ★ぶ★【 第6回 可愛い★ぶさいく顔選手権!】★ぶ★ぶ★ぶ★
 
    <ルール>★家のコ、本当はもっと可愛いはずなのに・・・
         ★デジカメデータ整理してたら、こんなのが出て来たわ!
         ★このぶさいくさがまた可愛くて仕方ないのよね
         そんな可愛いペットのぶさいく顔を画像付き記事にして
       http://cnabkam.exblog.jp/tb/6823541
         に、トラックバックしてください。
          エントリー記事はお一人3個までとします。
         一つの記事に1匹、同一ペットは不可とします。
         (例:犬3匹いれば、3つエントリーできます)
         

   <参加資格>ペットを飼われているブログのオーナーさん。
         (ペットの種類は問いません)
         トラックバックできれば、どこのブログでもOKです。

   <締め切り>3月16日(日) 23:59
         エントリー数が少ない場合は、延びる可能性があります。 

   <審査方法>締め切り後、別にまとめ記事をUPしますので
         その記事のコメント欄に 鍵コメントで、1人 
         3票を振り分けて投票してください。
         詳しくは締め切り後の投票用記事にて。
         投票はどなたでもできます(ペット飼っていなくてもOK)。

   <チャンピオンになると?>
         別になにもございませんが、栄誉あるヒョ−ショージョ−が
         あなたの元に??? 
         そして、次回の選手権のCM画像に使われてしまいます(w


    ※主旨は「可愛いペット自慢」であり、ぶさいく顔でペットを
     笑い者にする企画ではありませんので御理解いただきたいです。
      
    ※誰でも参加出来るようにテンプレを文末にコピペお願いします。


    ■企画元■ ネコは「ぱるぷんて」をとなえた!
          (http://cnabkam.exblog.jp/)
    
★ぶ★ぶ★ぶ★ぶ★★ぶ★ぶ★ぶ★ぶ★★ぶ★ぶ★ぶ★ぶ★★ぶ★
[PR]
by taco-poo | 2008-03-13 22:27 | カゾクノコト | Comments(22)

日光めぐりん(写真だらけその二)


日光東照宮、大切なものを紹介し忘れておりました。

眠り猫、これがなきゃねぇぇ~っ!
てことで、眠り猫に会いに、奥社参道入り口へ。

        この親切は、どうなんだろう・・・
f0085219_0223126.jpg


        ズームしてみると、結構おばあさん?!
f0085219_0251877.jpg


        しかも、寝てないしっ;;;
f0085219_0255670.jpg



f0085219_0315621.jpg

この、左甚五郎作(伝)の可愛くない眠り猫の裏側は、スズメになっています。
猫が眠っていれば、スズメも猫に食べられることなく平和に暮らせる、
そんな、平和な世の中の象徴なのだそうです。
この、猫の後ろにあるゴージャスな扉の付いた門をくぐり、
f0085219_0391789.jpg

大きな一本岩をくりぬいて作った手すりのある、
それぞれを一枚石で作った階段を約200段上っていくと
f0085219_0394689.jpg

家康公のお墓があるわけです。
この写真では分かりにくいのですが、塔の高さは約5M、
お墓の敷地面積だけで、多分、私の家よりも広いです・・・。
f0085219_0401370.jpg




今回の私の「突撃!日光の旅」は、東照宮を見たいが為でした。
この後、二荒山神社に行き、1200年以上の歴史のある輪王寺も回りましたが
鑑賞に関する集中力は、満足感とともに使い果たされてしまったようでした。
「天海僧正」には、個人的にとても興味津々ではあるのですが
輪王寺は面白くなかったので、気も写真もそぞろ、従って割愛です。

なぜ面白くなかったのかというと・・・。
よく調べないで行ったから、家光廟の存在、知らなかったんです。
めちゃくちゃ残念、次回こそきっと・゚・(ノД‘)・゚・


そのかわり
[PR]
by taco-poo | 2008-03-12 19:23 | オデカケノコト | Comments(10)

結構へ(写真だらけその一)


昨晩、天気予報のオネイサンが言った。
「明日は、とてもいいお天気になるでしょう!」

じゃ、日光へ行くしかない!

突然閃いた。
なぜ日光なのかって?
実は今まで一度も行ったことがないんだもん。
本当ならば小学校の修学旅行で行くんだけど、
当時の私は京都にいたから、修学旅行は伊勢神宮。
以来一度も行ったことがなく、
いつかは日光、そう思っていたのだ。
よし、4:45に起きて出かけるぞっ!!



                   ***イザ東照大権現***
f0085219_228945.jpg





        午前8:30の東照宮は、足元が凍ってた・・・
f0085219_2295451.jpg



どこを見ても煌びやか、贅の限りを尽くしてる。

f0085219_22111092.jpg






















f0085219_22114611.jpg


f0085219_2212657.jpg

















f0085219_22125479.jpg


f0085219_22134019.jpg

















f0085219_22142913.jpg

f0085219_22145468.jpg























f0085219_22151738.jpg




象が多いのはなんでだろ?!

f0085219_2232582.jpg












f0085219_2233308.jpg












f0085219_22335582.jpg












f0085219_22341818.jpg














        象かと思ったら、これは獏
f0085219_22345684.jpg




        そしてこちらには・・・
f0085219_22444722.jpg


        母親は、子どもの未来も考え
f0085219_2247127.jpg


        子供のうちは、悪いことは「見ない」「言わない」「聞かない」
f0085219_22482075.jpg


        若いうちは可能性が多い。望みを大きく持って上を見る。
f0085219_2250058.jpg


        崖っぷちに立たされれば足元を見つめ
f0085219_22513558.jpg


        じっくりと腰を落ち着けてこれからのことを考える
f0085219_22524945.jpg



一方、徳川さんはと言えば、完璧なところに魔が刺さないようにと、柱の一本の渦巻きの文様をわざと逆にして、未完成にしたらしい。

        右から二本目の柱の地模様の向きにご注目
f0085219_2313974.jpg



        この陽明門、なにしろ背中に北極星を背負ってますから・・・
f0085219_2322277.jpg



う~ん、深い。。。。。
[PR]
by taco-poo | 2008-03-11 23:20 | オデカケノコト | Comments(13)

ヒッキーな土曜日


花粉が喜んで踊ってそうな快晴東京。
残念ながら、私にはお籠り強制な一日。
築後一年のアフター補修の日だったのだ。
従って、マスク仮面はどこへもお出かけできず、こんなことをしていた。

             ほどくのって、なんてあっけないんだろ(実は目を間違えてほどいている・・・)
f0085219_19151260.jpg

何年ぶりになるのかなぁ、荷物の奥から取り出した毛糸で始めた編み物。
先月、急に思い立って始めた時には邪魔する奴がいたのに今はいない。
なんてスムーズに編み進むんだろう・・・なんて。

何を作っているかって?
ちょっとしたアラン編みのトートがあったら可愛いかなって。
ま、今から作ったって、もう時季外れだから来年だね(^^;

今日は一日、掃除をしたり編み物をしたり、懐かしいCDをかけて過ごした。
中でも一番私に受けたのは「大滝詠一」。
彼の全盛期、私にとって彼の歌は
「かっこいいお兄さん&お姐さん」の聞くものだった。
・君は天然色
・カナリア諸島にて
・さらばシベリア鉄道
はぁ~、素敵な音楽だったよ。←注:ちびまる子ちゃん風に読むように
(ついてこれない人達、ごめんねっ!!)

で。
改めて歌詞カードを見てみたんだけど
・・・結構モテナイお兄さんだったんですね、大滝さん。
なんだか、物凄く等身大で当時のアナタが浮かぶんですけど・・・(^^;
恋するカレンなんて、とっても切ない歌だと思ってたんだけど
他も振られてしまった歌が多いじゃんか、大滝さん!
しかも、桑田まっつぁおの言語不明瞭な歌詞、
歌詞カードとにらめっこして、ナルホドなぁ、と納得(笑)

しかし一番受けたのは
PaP-Pi-Doo-Bi-Doo-Ba物語のフレーズ
「一言言ったその日から 恋の花散ることもある」
これって、“フィーリングカップル5対5”のパロディーだったのねっ!
三枝さんのセリフをパクったのねっ!!
(いまさら気付く私・・・)

いやぁ、カッコイイ人たちも原寸大だと悩みがあったのだな、
そう感じた有意義な土曜でした。

そうそう、金沢明子のイエローサブマリン音頭のプロデュースも彼だって知ってた?!

本当は
[PR]
by taco-poo | 2008-03-08 19:49 | クラスコト | Comments(22)


DATTE、ネコですから・・・


by taco-poo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
クラスコト
ハルノコト
アキノコト
タベルコト
オデカケノコト
シアワセナコト
タノシイコト
イノルコト
コワイコト
イカレルコト
ヤッパリスキ
カンガエテミル
カゾクノコト
ジッカノカタノコト
enju
shaymin
KUKAI
catshow
DECOLE
D
その他
未分類

リンク

★ネコベッドはこちら




★かかりつけ獣医さん
久山獣医科病院

こんな熱血先生



AX

お気に入りブログ

ネコは「ぱるぷんて」をと...
ぶつぶつ独り言2(うちの...
花・太陽・雨
ねこのあくび
エコ猫な人々
くろねこ不動産日記
猫の日常 犬の非日常
茶タローくぅぅぅん.2
はてな?の毎日
ルディのシッチェス・バル...
meet to the ...
4人と4匹(+α)+とき...
おいさんの休日山歩き日記
えゐちびゅー
フローリストいちくん
Jasper's Jou...
猫の首輪屋★CAROL ...
真鱈屋 ~アトリエヨンマ...

最新のコメント

お返事 そうなんで..
by とらぞー at 07:46
とらぞーさん 検査の全..
by taco-poo at 11:36
上から見下ろす権太富士も..
by とらぞー at 08:00
@meさん 凛々しいと..
by taco-poo at 23:51
とらぞーさん ねー、ホ..
by taco-poo at 23:44
おおお!待ってました、ぶ..
by @me at 14:49
「一番みっそかす」なんて..
by とらぞー at 08:29
おやびん 予防のため?..
by taco-poo at 22:38
ラビママさん これはね..
by taco-poo at 22:36
とらぞーさん ホンニン..
by taco-poo at 22:34

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

検索

ブログジャンル

猫

ブログパーツ

画像一覧