だいぶ時間がたってしまいましたが


皆さまにご協力を頂いたおかげで
ギズモ、【ぶ】にて、第三位となりました!!

f0085219_18152164.jpg



優勝は何とお二方、
【ぶ】の神様、ヨウカンさん、そして、引いちゃう恐ろしさ、ニャンスケ君


第3位とは、何とも素晴らしく丁度いい場所に収まってくれました♡
いや、実際、この二人の上なんてあり得ないですから~~~(笑)


こんだけ遅くなってしまいましたが
しなぶぅさん、本当にありがとうございました。
そして、ギズモに投票して下さった皆さんも
本当にありがとうです・゚・(ノД`)・゚・







f0085219_18243082.jpg


あの日。
ギズモの体に何が起こったのか、誰もわかりません。
あまりにもあっけなく、逝ってしまいました。
私は、お別れの言葉さえ、かけてあげられませんでした・・・。



[2月16日(土)]
 今まで咳きこんだことのないギズモが、物凄く咳きこんだ。
 何が起こったのか分からないけれど、一度だけだから、大丈夫なのか?!
 ご飯を1/4残す。
 ムラ食いだからねぇ、明日は食べるかな?

[2月17日(日)]
 顔をびしょびしょにして水を飲んだギズモ。
 逃げるギズモの顔を拭こうとして追いかけると、また、激しく咳きこむ。
 何?!
 この日も、ごはんを1/4残す。

[2月18日(月)]
 朝、ご飯を半分近く残した。
 夕べ、遅い時間に食べたからなのかな?取り敢えず仕事へ。
 帰宅後、玄関まで来ないギズモを探すと
 リビングで座り込んで動かない。おかしい。
 診療時間は過ぎていたが、先生に電話して、見てもらうことに。
 診断結果は、肺炎だった。
 もしかすると、土日の咳きこみの時に、誤嚥があって肺に入ったのか?
 ともかく、手遅れになる前で良かった。
 抗生物質と胃腸薬の注射をしてもらい、飲み薬4種をもらって帰宅。
 帰宅後、飲まそうとするも、激しく抵抗されて失敗。
 今日の注射があるから、ダメだったらそれでいいという話だったので、中止。
 乾燥による鼻づまりの軽減のため、点眼・点鼻のみ。
 
[2月19日(火)]
 朝、薬を飲ませようと抱き上げると、物凄く痛がる。
 腰のあたり?!
 また、投薬失敗。点眼・点鼻のみ。
 諦めて出社しようとするが、あまりにも痛がり、様子がおかしい。
 とりあえず、先生に預けてから会社へ。
 預けていた間にいろいろ調べてもらうが、骨も筋肉も異常なし。
 どこも、おかしく思われる所見もないので
 ナーバスな子だから家に帰って様子を見ることに。
 ご飯を食べない。
 薬も、痛がって飲ませられないので、中止。
 じっとしていられない様子で、座っては痛がり、あちこちウロウロ、
 足を振ったり、走ったり、物凄くイライラしている様子。
 夜、寝ようとすると足のところに乗ってきた。いつものこと。
 そのまま寝ようとすると、自分で座っておきながら痛がる。
 何度も自分で座り直すたび、痛がって叫び、いなくなる。
 夜中中、走り回り、歩きまわる。

[2月20日(水)]
 早朝から、あちこち歩き回っている。寝てないのか? 
 相変わらず、ご飯を食べない。
 水だけは飲む。
 点眼・点鼻のみ。
 もう、どこを触っても痛がって怒る。
 いったい何が起こってる?!
 ちゃんと寝ているのか? 
 夜。
 暗い所、寒い所へと行く。
 かなり深刻な感じがする。
 とりあえず、リビングの床暖房を入れっ放しにし、閉じ込める。
 リラックスした姿勢はとらず、うずくまったように座っているが
 首がふらふらと動き続け、固定されていない。神経?!
 獣医さんに様子をメールし、就寝。

[2月21日(木)]
 前の晩と全く同じ状態。
 何となく、うるんだ瞳が虚ろ、一体どうしちゃったの(涙)
 見ていられず、会社へ。
 10時頃、メールを見た獣医さんから電話が。
 「神経系統がおかしいようなので、早めに来院できませんか?」
 会社を早退し、昼過ぎに連れて行く。
 獣医さんが嫌いなギズモ。
 そして、今は、どこを触られても痛いギズモ。
 どうしたらいいのか途方に暮れたが
 柔らかいバッグに入れても徒歩で運ぶ間に、あちこちぶつかって痛いだろう、
 だったら、いつものバッグで固定された方がいいよね、きっと。
 泣き叫ぶギズモを無理矢理、いつものバッグに押し込んだ。
 病院はかなり混んでいて、時間がかかるから預かるといわれ、
 諸々の検査と診察を依頼してギズモを預け、一時帰宅。
 1時間もしないうちに、獣医さんより電話が。
 「腿の内側や腹部に、赤黒い出血がありますが、心当たりはありますか?」
 あるわけがない。
 虐待などしないし、本人だって、あざを作れるほど暴れられる状態ではない。
 「深刻な状況だと思うので、覚悟していて下さい」
 そう言われた。
 でも、どういうこと?と思いながら、訳が分からないでいた。
 その20分くらい後に、また、獣医さんから連絡。
 「レントゲンを撮っている間に、意識不明になりました。すぐ来て下さい!」
 「!?」
 
 駆け付けた時は、既に心臓マッサージ中だった。
 「どういうことですか?!」
 私の問いに、先生の答えは「分かりません!」
 この時の先生の表情が、今でも忘れられない。

 診察代の上に力なく横たわり、酸素マスクをし、カンフルを打たれ、
 機械をつながれたギズモ。
 意識などない。呼んだって、返事などするわけがない。
 どうして???
 腹部と肢の内側に、どす黒い大きなあざがあった。
 物凄く、恐ろしい気持ちになった。

 もう、ギズモは絶対に戻ってこない気がした。
 何度も注射を打たれ、電気を通され、マッサージを繰り返され。
 でも、やめてくれとは言えなかった・・・。

 30分のち、その処置が止まった。
 蘇生の基準は30分なのだそうだ。
 それで還ってこれなければ、もう、おしまい。
 それ以上続けてもし還ってきたとしても
 脳に障害を負って、つらい障害になるとのこと。
 しかも、体中のあちこちから出血をしていて肺の中も血だらけ、
 たとえ心臓が動いたとしても、呼吸の気道が確保できないとのことだった。



 ギズモは死んだ。
 私に何の挨拶もなく。
 最後に私が彼女にしたことは
 嫌がるギズモを無理やりキャリーバッグに詰め込んだということ。













 何がよくて、何が悪かったのか。
 いまだに分からない。
 獣医さんも、原因は分からないという。
 解剖もしなかったし、したところでギズモは蘇ってこないし。

 皮肉なことに、肺炎は、ほぼ治っていた。
 私としては、痛がっていた火曜日に、先生を信頼して預けたのに、
 なんでそこで気づいて治してくれなかったのか、 それがとても悔しかった。
 
 でも、もしも原因が脳神経だとすると(きっとそうではないか、との見解)
 確定するのには全身麻酔のMRI撮影が必要で
 ギズモにそれをさせるのはリスクが大きすぎ
 たとえ確定されたところで、手立てがないという。
 想像でしかないのだけれど、 
 もしもギズモが先天性の脳神経障害を持っていたとしたら
 何かのきっかけで発作が起こり、そこへ通院等のストレスで脳圧が上がり、
 更にレントゲンのストレスで脳圧MAX、それで。。。。。、とのことだった。
 病気で亡くなる場合、段々に血の気がうせ、舌とかが真っ白になるのだけれど
 突然逝ってしまったギズモの舌は、奇麗なピンク色だった。
 これは、脳障害のときによく起こる状態なのだという。
 もうひとつ。
 もしも、今回こういうことがなかったとしても、
 脳障害を持っていたとしたら、朝は元気でも、日中急に亡くなっていたり
 そういうこともあり得るのだという。
 だからって、それに対する治療法はないし、しかも今更、なんだけど・・・。

 脳神経は、人間でもまだまだ未知の分野で・・・。
   
 ギズモは多分、近親交配の影響がもろに出た子だったのだと思う。
 顔が歪み不正咬合、右の犬歯が上顎に平行に生えていてしかも受け口気味、
 水もご飯も、普通の子のようにとることが出来なかった。
 それでも一生懸命食べて飲んでいたけれど
 将来的に、何か大病をした時の不安が大きく有った。
 8か月で発情がきて、その後避妊手術をした時、血管が脆いことが判明した。
 避妊手術後、収まるはずの乳首の赤みが引かず、検査して乳腺腫瘍が発覚、
 乳腺腫瘍は乳がんへの移行の確率が高いので、乳腺全摘出の手術を受けた。
 血管が脆かったので、輸液等でかなり怖い手術となったが、無事成功した。
 その後の検査で、腎臓の組織が崩れていることが判明、
 近い将来、腎臓の治療が必要となることも覚悟が必要だった。
 膀胱結石があり、処方食しか食べられず、
 定期的な尿検査も必要だった。
 お腹が弱く、抗生物質はほぼNG、最近できた長期持続型の注射の抗生物質が
 唯一使える薬だった。

 満身創痍。
 これからも、もっと病気は増えるだろうと思われた。

 でも、ギズモが大事だった。
 私はギズモを愛していた。
 長生きはできないと思っていたけれど
 なんで3歳6ヶ月なんだよ!
 こんなに早くいなくなるなんて・・・。



素直に甘えられなかったけど
真ん丸な目で私を見つめていた。
膝に乗ったりすり寄ったりはしなかったけれど
必ず、私が見えるところにいた。
そんなギズモが、誰よりも愛しかった。
ギズモのためなら、何でもしてあげられた。

ギズモ。何でいないんだよ!





冷たく、硬くなったギズモは、やっと私に抱っこされてくれた。
「やっと、大人しく抱っこされてくれたね、ギズモ。」
何度もそう話しかけながら、頭を撫でていた。
ずっとずっと、抱っこしていたかった。
硬かったけれど、今にも起きてきそうな気がして・・・。








やっと、あの日のことが書けました。
いまだに、この話をするのは泣けて来て辛いです。
新しい同居人、槐が私に笑顔をくれていても
まだまだ、ギズモを失った痛みは癒えません。
かなり、時間がかかるんだと思います。
可愛かった分、
手がかかった分、
そのため、一人っ子だった分、
ギズモが私の中で、こんなに大きかったんだと
本当に思い知らされています。

でも。
無理して忘れる必要などないわけで
ギズモの変わりはどこにもいないのだから
私の心の中にはギズモの場所をしっかり作っておいて
時間が、ギズモを失った辛さを少しずつ小さくしてくれることを信じて
今は、新しい同居人と、少しずつ笑顔の時間を増やしていこう、
そう思っています。



絶対に忘れはしないよ、ギズモ♡
[PR]
by taco-poo | 2008-05-24 19:59 | カゾクノコト | Comments(26)
Commented by 頑固堂 at 2008-05-24 21:32 x
ウイルスなら退治すればいい。炎症なら鎮めればいい。
でも何かが壊れて全てが崩壊してしまったのですね。
お世話になったtaco-pooさんに最後の時を見せなかったのは
ギズモ嬢の優しさと思うのだ。
表彰状に「今後もその個性を生かし多くの人を癒し和ませる。。」
と任務が与えられてます。
時々、最新記事に蔵出し映像で登場して癒して貰いたいです。
Commented by you-to-you at 2008-05-24 22:37
ギズモさんもきっとtaco-pooさんに会いたいとずっと思っているし、ずっとtaco-pooさんを好きだし、ずっとtaco-pooさんを忘れない。姿が見えないって本当に悲しい。いつまでも悲しいけれど、忘れることはないし思い出してはそばにいた時と同じに楽しくなるときもある。そうやって毎日を過ごしてきた私です。思い出は私の生きていく元気の元になりました。
Commented by ふみか at 2008-05-24 23:19 x
もう三月ですか…早いような…もっと長かったような…
神経系に麻酔…キーと一緒だ…
ちっさい彼女達には堪え難い病気ですね…
おいらも1年たっても悲しみの大きさはかわらない…
でもそれが良いんだと思います。
槐と楽しい時間のときも決して忘れてるんぢゃないから!
そばに居て「笑って」って言ってくれてるから!
すべてギッチャンがそうさせてくれてるから!
ギッチャンが3位入賞も、今この記事を書く事も…
「一緒に頑張ろう」のちっさな1歩。
だって残された者達は生きて行かなきゃですもん。

Commented by すむたれ at 2008-05-25 00:31 x
うおおお! おめでとうございます! よかったねぇ、ギズモちゃん。
いや、よかったのかな(笑)。
Commented by B&J at 2008-05-25 05:48 x
私はギッちゃんの隠れファンでした。なかなかコメントを残せなかったのですけど、taco-pooさんがどれだけ愛し、病気がちのギッちゃんを一生懸命に助けていたか、よく覚えています。
最後の記録、しっかりと読ませていただき、もう涙が止まりません。。。記してくださって、ありがとうございました。
実は今日、わたしも大泣きしました。家族で話し合った結果、ボニーのバスケットを出してあげることになり、やはり形のあるものを目の前にしたら、涙と鼻水が噴水のようになってしまって。。。でも、私も前向きな仔たちと一緒に辛さを小さくしていきますね!
ギズモちゃん、「ぶ」3位入賞おめでとうございました!
Commented by rider at 2008-05-25 08:36 x
うんうん。まだ3ヶ月だもの。
まだまだギッちゃんが恋しいのは当たり前だよ~。
 
でも、やっと書けたね。
 
まだまだギッちゃんの事は、思い出じゃなくて現実だと思うけど、一歩一歩思い出になっていくと思う。
 
母もね、19歳でなくなったネコのこと、一年過ぎてやっと悲しみが薄らいできたみたい。
ウチのネコどもに対しても、話しかけられるようになったし。
それまでは、ネコを見るだけで悲しかったみたい。
 
コレばかりは、一番の薬は月日が経つことだもんね。

 
ギッちゃん3位入賞、おめでと。
Commented at 2008-05-25 17:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ponnyanko at 2008-05-25 18:10
大変な1週間だったのですね。

ギズモちゃんが星になったとブログで知ったとき言葉が出ませんでした。
何をコメントしていいのか言葉が見つからず、でした。
思い出と呼べるようになるまでは、まだまだ時間がかかると思いますが
taco-poo さんのそばには、まんまるおめめのギズモちゃんが
いつも居る、そんな気がします。

そうそう、ギズモちゃん3位おめでとう!。。。で、いいんですよね?(^^:)
Commented by にょろ at 2008-05-25 21:00 x
taco-pooさんにとって、たいへんな1週間でしたね。
でも、短い生涯だったけど、ぎっちゃんはtaco-pooさんに
愛されて幸せだったと思います。
だって、あんなにぶさいくでかわいい表情してるんだもん!
ぎっちゃん、3位、おめでとう♪
Commented by taco-poo at 2008-05-25 22:19
頑固堂さん
負の連鎖、とでもいうのでしょうか。
あっという間に崩れ去ってしまいました。
悪夢の4日間、今でも信じられない思いです。
でも、そうですよね。きっとギズモなりの優しさで
こっそり旅立ったのだろう、そう信じたいです。
短い命だったけれど、今までの誰よりも画像があります。
(まともに撮れないから数があるとい噂も・・・)
また、蔵出し、付き合って下さいね♪

you-to-youさん
ありがとう。長いこと同じ気持ちを背負って過ごしてきた人の言葉は
本当に重みがあって、今の私にはとても心強いです。
うん、本当い楽しいこともたくさんあったんだもの、
元気の元の楽しい思い出になる日まで、槐と頑張ります♪
Commented by taco-poo at 2008-05-25 22:33
ふみかさん
ギズモが、私に意地悪で先に逝ってしまったわけではないこと
絶対にもっと生きていたかったであろうこと、
重々承知しているのだけれど、どうしても納得できない自分がいて・・・。
でも、うん。残された者たちは頑張って生きていかなきゃ、だね。

すむたれさん
いいんですよ、おめでとうで(笑)
応募した時は、上へ行くぞって思うのに
本当に優勝しちゃったら複雑になるかもな不思議なコンテスト(笑)
でも、コンセプトは「本当は可愛い子のこんな不細工な顔」ですから!

B&Jさん
B&Jさんのお陰で、私も書くことができました、有難うございます。
愛しい子の死と向き合って、その時の自分がどうであったかを
しっかり書いていらしたB&Jさんの勇気に、涙が止まりませんでした。
私はどうしても主観的な文章になってしまうのですが
ギズモがどんな闘い方をしていたかは書かないといけない、そう思い
やっと、書くことが出来ました。思い出はまだ涙で滲みますが、
お互い、縁があって家族となった新しい子と頑張っていきましょうね♡

Commented by taco-poo at 2008-05-25 22:47
riderさん
うん、やっと書けた・・・。
今までね、サヨナラしてきた子のことを考えてみたの。
多分、そんなに簡単には忘れることなんてできなかった筈なんだ。
てか、忘れられなかった。ずっと、会社のカーテンの陰で泣いてたもん。
でも、いつの間にか、今は楽しい思い出として語ることが出来る。
たまには涙も出すけれど・・・。
ぶさいくの3位、ギズモらしいエピソードとして有難く拝受!です♡

鍵コメさん
見送る者の悲しみは深いけれど
先立つ者の悲しみは、もっと深いかもしれない。
死と向き合う度、色々なことを考えてしまいます。
立ち直れたふりをしながら、実は立ち直れていない日のある自分。
でも、もしかすると他の人もみんなそうなのかもしれない。
そうやって少しずつ無理をし、でも、頑張って立ち直っていくのかも。
鍵さんのコメントで、そんなことを考えてしまいました。
人生に無駄なことは一つもない、誰かがそんな事を言っていました。
だとしたら悲しみも自分の糧として強く、
そして、人の心の分かる人間として成長していかないと。
出来るかは未知数だけど、ちょっとずつそう人を目指したいです。
Commented by taco-poo at 2008-05-25 22:57
ponnyankoさん
ありがとうございます。
見守っていて下さったんですね(つд`)
ギズモは多分、まだ、この家にいると思うのです。
槐が来てから、ギズモの気配は消えたのですが
でも、今でもあの目で私を見ていてくれている気がするのです。

今回の三位、当然嬉しいですよ~!ありがとうございますですとも(笑)


にょろさん
我が家に来たばかりのギズモの表情はね
今見ると、何だか暗い感じだったんです。
でも、徐々に安心した、のんびりしたいい表情になて来てね
これからだな~って思っていたんですよ(涙)
でもね。きっと、体が悲鳴を上げてしまったんだと思うのです。
だからギズモは、これ以上私に苦労をさせたくなかったんだろうって。
ギズモ、有難う。お疲れ様。笑って言えるようにならなくちゃね。
Commented by こぎん at 2008-05-26 06:23 x
命っていうのは、不思議に満ちているんだね~。
普段はあたりまえに成就しているんだけど、「生きている」、
なにもなく生きている、そのこと自体が奇跡なんだね~。
ぎっちゃんは間違いなく幸せだったよ!
Commented by マコちん at 2008-05-26 12:16 x
昨日は途中までしか読めんかった・・・
旦那が居たもんで、泣き顔みられたくなかったからさ。
ギッちゃんの身体はずっと戦ってたんだね。
師匠も戦ってたんだね。
動物の医療が人間並みに進化してくれる事をいつも願っております。
うちの娘が進路を決めるときに「助かる命ばっかりじゃないんだよ。」と何度も言い聞かせた言葉だけれど、本当は皆に助かって欲しい。
でもね、ギッちゃんはこんなに愛されてた!
愛される事を知らないまま逝った命もある中で、ギッちゃんは間違いなく愛されて逝った。
ぶ3位の顔で母ちゃんありがとうって言ってるよ~!!
Commented at 2008-05-26 17:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-05-26 17:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あじご〜ん at 2008-05-27 20:01 x
つらいのにつらいのに、よく書いたね、なんて言ったらいいかわからない、その光景が目に浮かぶよ、つらくて、最後まで読めないよ。
ギズモさん、3位おめでとう!天国で、複雑な気持ちに違いない!ぶさいくは余計じゃい!ってな。
Commented by りちこ at 2008-05-28 00:33 x
言葉に表すって、当時のことが思い出されて辛かったことでしょう。
なんとかしてあげたいのに、どうにも出来ない辛さが伝わってきます。
ぎっちゃん、こんなにも愛されてたんだよ。
3位おめでと。
Commented by taco-poo at 2008-05-29 19:56
こぎんさん
ありがとうございます。ギズモが幸せだったら、私も本当に幸せ・・・。
よく、お年を召した方が「朝、今日も生きていてありがとうと思う。」
そう言っておられるのを聞くけれど、その気持ちがわかる気がします。
自分の知らないところで密かに体の中は日々変化しているのですよね。
「当り前」じゃない当たり前、無駄にしちゃいかんです。

マコちん
こういう記事は慣れなくて、コメントするのも泣くわ・・・(^^;
ありがとう、そう言って貰えると本当に嬉しい。
獣医さんって、本当に必要とされているし素晴らしい仕事。
でも、その立場は泣いてはいけない立場だからとても大変だ。
一日も早く動物医療が人に追い付き、涙が減ることを切に祈ります。

Commented by taco-poo at 2008-05-29 20:06
鍵さん
温かいお言葉、有難うございます。
魔の四日間でした。本当に毎日、どうしていいか分からなくて・・・(泣)
確か、ギズモがこうなる前に、鍵さんがブログを更新されてなくて
密かに心配していたのですよ、少し前に調子が悪いって記事だったし。
まさか、その時は自分がこうなるとは思ってもみませんでした。

子を想う気持ちは同じですよね。
鍵さんも私も、人間の子がいないから
その分、思いっきり愛情を注いでしまいますものね。
そう、私たちに出来ることは、彼らを精いっぱい守ってあげること。
私はギズモを守ってあげられなかったけれど
ルディくんもリナちゃんも二人とも健やかで、本当に良かった!
私もこれから、槐とそのうち来るだろう2号をしっかり守りますよ!!
Commented by taco-poo at 2008-05-29 20:17
あじご~んさん
あはは、今日も泣いとります(((((゚▽゚;)
こういう記事って、書くのが本当に辛いんだけれど
ギズモがどうやって生きていたかは書かなくちゃいけないと思うの。
肺炎で亡くなったと思われても辛いし、
ギズモが好きで来てくれた方にもお知らせしなきゃいけないよな、って。
残しておきたいんだよね、きちんと生きていた証を。
そして、立派に【ぶ】だったんだぞ、諦めて認めなさい、って(笑)

りちこさん
自分の中で、十分消化しているつもりでも、思い出すと辛いね。
「亡くした子を想って泣くのは、『失った自分』が悲しいからだ。」
そういう人がいるけれど、そんなんじゃないんだ。
やっぱり私の大切な宝物だったんだよ。
ギズモがいる内に、一目会って欲しかったよ。逃げるだろうけど…(笑)
Commented by モモパパ at 2008-05-31 21:05 x
この記事、最初見てコメント書けなんだ^^;
でも、やっぱり書くことが追悼でもある気がします。
今回も3位入賞おめでとう御座いますm(_ _)m
1〜3位は私の投票と同じだった・・・と思う^^
Commented by taco-poo at 2008-06-01 02:03
モモパパさん
すみません、実は楽しい記事じゃなくって・゚・(ノД`)・゚・
でも、どうしても書いておきたかったんですよ。
いつも、ギズモを応援してくださってありがとうございました。
上位三人に投票?凄いですね、見る目がある?!
Commented by at 2008-06-01 16:46 x
ナマモノと暮らすということがどれだけ大変なことか、
あらためて心に染み入った感じがします。
でも、別れの辛さはそれまで素敵な時間を過ごしてきた証でもあるんですよね。

ぎっちゃん、安らかに。。。
Commented by taco-poo at 2008-06-01 21:14
べ様
ありがとうございます。
確かにそうですね、別れが辛いということはそういうことなのかも。
もういないと分かっていても、もう一度会いたいと思ってしまい、
私を見つめる目とか、元気だった姿をはっきり思い出してしまいます。
本当に、幸せで愛しくて大切な時間でした。

でも、本当はやっぱりまだ辛い(泣)


DATTE、ネコですから・・・


by taco-poo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
クラスコト
ハルノコト
アキノコト
タベルコト
オデカケノコト
シアワセナコト
タノシイコト
イノルコト
コワイコト
イカレルコト
ヤッパリスキ
カンガエテミル
カゾクノコト
ジッカノカタノコト
enju
shaymin
KUKAI
catshow
DECOLE
D
その他
未分類

リンク

★ネコベッドはこちら




★かかりつけ獣医さん
久山獣医科病院

こんな熱血先生



AX

お気に入りブログ

ネコは「ぱるぷんて」をと...
ぶつぶつ独り言2(うちの...
花・太陽・雨
ねこのあくび
エコ猫な人々
くろねこ不動産日記
猫の日常 犬の非日常
茶タローくぅぅぅん.2
はてな?の毎日
ルディのシッチェス・バル...
meet to the ...
4人と4匹(+α)+とき...
おいさんの休日山歩き日記
えゐちびゅー
フローリストいちくん
Jasper's Jou...
猫の首輪屋★CAROL ...
アトリエヨンマルハチ

最新のコメント

@meさん お腹に顔を..
by taco-poo at 22:02
とらぞーさん うぃっす..
by taco-poo at 21:59
えっと、このフェルトのぬ..
by @me at 14:18
おおー! 「羽織紐」で..
by とらぞー at 18:10
とらぞーさん 権太はね..
by taco-poo at 22:02
岩ねずさん そうそう、..
by taco-poo at 22:00
ぷ! 何回見ても笑える。
by とらぞー at 18:11
後ろ後ろ!って(笑)
by 岩ねず at 00:39
@meさん ありがちゅ..
by taco-poo at 09:50
えんじくんカッコいい!イ..
by @me at 12:35

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

検索

ブログジャンル

猫

ブログパーツ

画像一覧